ケント ト ホント

僕は、中学1年。イベント主催をしたり、本や映像を作って自己表現をすることをやっています。

僕がかっこいいと思う人たち

僕がかっこいいと思う人たちの事を考えてみました。

僕がかっこいいと思う人たちにはある共通点があります。

それは人のために一生懸命になれる人の事です。

僕のイベント、僕がバオ君の本を販売している時や困っている時に自分ごとにとらえてアドバイスやサポートをしてくれるそんな大人が僕はかっこいいと思っています。

僕も自分ごととして、人を助けられるような大人になりたい。

そう思いました。

でも自分ごと化(その人の目線になり考えること)って案外難しいんです。

今、小谷さんのイベントのことを考えています。。

スタッフ、参加者、ゲスト(小谷さん)の目線に立ちそれぞれどういう配慮を行えばそれぞれがハッピーになれるかを考えます。

しかし、つい僕だけの目線で見てしまったりします。

すると全部がずれていくような感じになります。

自分事化って難しい。

でもそれが出来ている大人ってすごいしかっこいい。

そう思いました。